管理栄養士からの食事指導で正確な腎臓病食を作ろう!

多くの慢性慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生野菜や素のままの果物に比べて含まれているカリウムが、エラーなく多量です。そういった理由もふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。尿を造る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で重要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体にとって大切な働きをしています。 当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切なのですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切なのです。 腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると腎不全といわれる状態になります。病状が急速に症状進行する急性腎不全と、長期間にわたりじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、健康な状態への回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と伴に腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。管理栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。食塩の病理制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけ生の食品を摂りましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。天然の味をおいしく食べることも可能になります。たんぱく質が多く含まれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を重要としている方に似つかわしい食品として「低たんぱく質食品」が市販されています。目的に応じて、使い方などは管理管理栄養士に相談してちょーだい。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大事です。食事療法は減塩・蛋白病理制限が主となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、一方、蛋白病理制限食は腎機能の症状進行を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白病理制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白病理制限食は美味しくない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。私立ちの腎臓はソラマメに似た形をしておりぴったり腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く存在している場所でもあるのです。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した血中のいらなくなったものを尿と伴に排泄します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、また、赤血球を創り出すホルモンや血圧なども調整し、骨組織に重要なホルモンを創り出すなどの重要不可欠な働きをしています。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、普段からマイペースなリズムで生活することによって心身伴に活力溢れた毎日を過ごすことも可能になります。ただし、慢性腎臓病の種類によっては進行に気づかず自覚症状が出ないものもあるため、予防がなかなか難しいのも現実です。日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、医療機関を受診しましょう。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となるのですので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減され立ため、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅延も見込めます。もし、末期の腎不全になっ立としても、腎代替療法といわれる人工透析療法や移植などのほかそれぞれに応じた治療法も加わり、個々の状態と環境にマッチした最良の治療が望まれます。
おすすめサイト>>>>>腎臓病 食事 宅配 口コミ