クレアチニンを下げる食事は減塩食が必須!

腎臓は働きが弱くなると病状が進んで次は腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)と呼ばれる状態になります。そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)と、長期間にわたりじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)があります。急性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)においては、的確な治療と病状に至る原因を取り除くことが出来たら、健康な状態への回復が期待できます。反対に、慢性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)については腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)の進行状況によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。尿を造る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体のために重要な役割を担っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しふさわしい治療をうけることも先決ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。60kg前後を標準体重とすると、蛋白摂取量は、1日におおよそ50g必要となります。食品における蛋白含有量をしりたければよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導でいろんな工夫について知ることが可能です。もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。食塩摂取の適量は、1日6g未満とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。食材の味を楽しむことが可能です。食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」が一般に販売されています。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみて頂戴。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、健康診断を習慣化し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ところが、腎臓病の中にはすごく進行するまで自分ではなかなかわからなかったりするので、常に油断しないようにすることです。例えば、いつもとはちがう尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、回復することがない場合が多く慢性腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)といわれる病態になります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。治療法も多様化してき立ため、末期腎不全(腎臓が正常に機能せず、老廃物を体外に排出することができないため、体の恒常性が維持できなくなってしまいます)で腎機能の回復が難しい状態にあっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものには多種多彩な治療法も増えているので、個々の状態と環境にマッチした最新の治療が期待できます。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)や果物のエキスを凝縮した野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)ジュースは、生の野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)や生の果物と違ってカリウム含有量は極めて高いものが多いのです。沿ういった理由もふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、常日頃から野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、メニューに関するアイデアや、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明白にします。1日における排泄物を検査し計算をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。CKDの治療の時に薬物治療とご飯療法は重要で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)において治療をしやすくし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施するのが難しい方持たくさん見られます。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰(痛みを感じたら、早急に対策しないと、慢性化しやすくなります)の辺りに左右1個ずつあります。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものがあまた密集している場所でもあります。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、また、赤血球を造り出すホルモンや血圧なども調整し、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどのたいへん重要な役目を司っています。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>クレアチニン 下げる