たんぱく質を減らす食事制限は腎臓病治療の要!

食事から得られるたんぱく質・カリウム・リン・食塩を過剰に摂取しすぎたり、エネルギーが不足したりすると、腎機能の低下に追い打ちがかかります。適切な食事をすることで、腎臓への負担を軽減し、腎機能を保護することができます。肉や魚その他卵や豆腐はおもったよりな量のたんぱく質があり、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。おやつには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個と同量くらいのたんぱく質がふくまれているわけです。腎臓病を発症した方のおこなう食事療法の趣意は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。透析導入前の保存期の方なんだったら、食事療法をもとに腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を要する時期を極力遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は重要視されます。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分以外に水分(あるものに含まれている水のことです)の制限も付随してきます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品内に入っている全ての水分(あるものに含まれている水のことです)と捉えます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのなんだったら制限が必要になるのは塩分のみです。水分(あるものに含まれている水のことです)量の制限については病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質については性質上分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で捉えれば30~40g程といえるでしょう。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓内で分解された末他の老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が低下すれば、クレアチニン量もその分落ちていきます。その他で言うと、妊娠時には、尿とともに出されるクレアチニンの量が高まるため、クレアチニン値が低くなります。水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類を具材として使うのなんだったら、小さめに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食材の品目や調理時の水分(あるものに含まれている水のことです)量・形状・所要時間によって変化が見られます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。食事をして摂り入れ立たんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓に流れて分離された末、無駄な老廃物は尿を出す際にともに排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適切な量は摂取する必要があります。腎臓病では 糸球体がおかされるために血液の濾過作用が上手に行なわれず、ナトリウムや水分(あるものに含まれている水のことです)が体外へ排出しづらくなります。加えて尿とともに排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に加算されていきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分(あるものに含まれている水のことです)・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内へと送り続ける必要があるのでしょうか。腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行が止まっ立と言っていい程遅らせることが出来る場合もあります。食事療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が落ち込む程に、より厳しく食事を管理しないとならない状況に陥ります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限が加わります。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。あわせて読むとおすすめ⇒腎臓病食宅配ランキング