糖尿病性腎症食は糖尿病と腎臓病の食事制限を合わせることになる

1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯の量を減らすことが重要です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、推奨しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。糖尿病性腎症に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「まだ糖尿病性腎症になったわけじゃないから、今は食生活を改善したり、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。自覚症状のない病気の場合は、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。糖尿病性腎症の予備軍から境界型になってくると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病性腎症と診断される前の段階からあります。糖尿病性腎症を大きく分けると、1型糖尿病性腎症・2型糖尿病性腎症・その他の糖尿病性腎症に分類できます。とりわけ、食事の習慣・生活習慣が大きく影響しもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病性腎症」です。初めは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、そのまま状態が進行し悪化するとやがて合併症を引き起こす要因となります。不適切な食生活は2型糖尿病性腎症をまねくきっかけとなるので、食生活の改善なくして治療は行えません。糖尿病性腎症性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。人は加齢とともに筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。血糖値の上昇につながる原因の一つです。食事の後は特に、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が満たされたりするからです。多忙な仕事の合間に、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。年々増加する糖尿病性腎症は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが上手に機能しなくなり、血糖値が上昇したままの状態が続く病気です。糖尿病性腎症の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病性腎症の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、人生を謳歌できるよう努めることです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、その他の発症や進行における糖尿病性腎症合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲載されています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。体内時計の乱れには2型糖尿病性腎症や肥満を伴う危険性が潜んでいます。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」と密接に関わっています。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のリズムと機能性との関係について考える新しい研究分野です。糖尿病性腎症というと、制限された食事と思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。しかし、糖尿病性腎症を患ったからといって、食べられないものは何もありません。「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食べ物に含まれるさまざまな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを工夫しながら実践することが目的です。この食事療法の考えは、糖尿病性腎症の患者さんのみに与えられたものではなく、一般の健康な方たちにとっても必要なことなのです。いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病性腎症を患った方には非常に大事な食事法です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するためにヒントとなるのが、「糖尿病性腎症食事療法のための食品交換表」です。私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲載してあります。日常的に食品交換表を利用することで、献立への迷いも払拭できるでしょう。
管理人のお世話になってるサイト⇒糖尿病性腎症 食事